ホームヘルパー全国連絡会
home
New! 会報 2019年 介護110番報告 介護者からの孤立・相談機関が必要
New! 学習交流会のお知らせ 11月11日 介護・認知症なんでも電話相談
会報 「介護保険法施行規則の一部を改正する省令案」に関する意見
会報 9月9日 新型コロナウイルス感染症対応での対都緊急要請行動
10月25日 全国介護学習交流集会 コロナ禍での“介護崩壊”を許さない!
学習交流会のお知らせ 10月2日 千代田区男女参画センターMIW祭り
学習交流会のお知らせ 2.29東京介護集会「全世代型社会保障と自治体戦略2024」講演 芝田英昭(立教大学教授)
学習交流会のお知らせ ホームヘルパーのつどいin京都2019
会員へのお知らせ 7月28日(日) 第19回総会開催・役員・予算を確認
投稿 事例「利用者様を理解する」ー利用者が感じたヘルパーの役割を講師として語ってもらう-
要介護1・2の生活援助の「総合事業」移行しないよう自治体意見書採択を求める署名ひな形
訪問介護のグレーゾーンはなぜ生じるのか その2  「中心型」・所要時間・予防給付
学習交流会のお知らせ 11月11日 介護・認知症電話相談会
学習交流会のお知らせ 10月6日(日)学習会 介護保険の現状と課題 林 泰則(全日本民医連事務局次長)
訪問介護のグレーゾーンはなぜ生じるのか その1ー老計10号の理解・問われるケアマネジメントとケアプラン
学習・交流会のお知らせ 2019年10月~11月学習会等の予定
会員へのお知らせ 2019年7月28日(日)総会・会員更新のお願い・事例研究会報告集作成開始
学習交流会のお知らせ 11月18日 全国介護学習交流集会・人間としての介護保障を 東京・明治大学
地域・現場からのつぶやき 災害時にヘルパーはどうしたらいいのか?
学習・交流会のお知らせ 11月11日 いい介護の日「介護・認知症なんでも無料電話相談会」のお知らせ
学習・交流会のお知らせ 10月20日(土)14時~介護の日フォーラム・「まだ変わる!介護保険」講師 小竹雅子(市民福祉情報オフィス・ハスカップ)
介護関係最新情報 「国家戦略特区・豊島区「選択的介護(混合介護)」質問と特命担当課長回答」
介護関係最新情報 生活援助届け出義務化に対する原久美子議員の質問に対す答弁書のポイントと考察
学習・交流会のお知らせ 7月29日(日) 学習会「介護保険をめぐる情勢と地域共生社会」立教大教授芝田英昭氏
学習・交流会のお知らせ 加盟団体との共同の取り組み予定
介護関係最新情報 身体介護における「自立生活支援のための見守り的援助」の明確化 老計10号一部改正について
生活援助中心プランの市町村への届け出義務付化について
介護関係最新情報 保険者機能強化推進交付金制度及び評価指標についての厚労省レクチャーメモ
会報 2018年新役員体制決まる・会費引き下げ会員増を!
ホームヘルパー全国連絡会総会・記念企画 介護労働とホームヘルパーの未来

設立趣意書

ホームヘルパーの専門性の確立と家事援助業務の見直しを求めるアピール文

ホームヘルパー全国連絡会の会則

ホームヘルパー全国連絡会入会申込

趣意書

 2001年4月より、介護保健法が施行されて10ヶ月、もうすぐ1年になろうとしています。

 その間、在宅福祉をめぐる現場は大きく変わりました。福祉の措置としてなされてきた各種サービスが、保険という契約関係に変わりました。民間活力、市場原理の導入で、利用者との新しい関係が形成されてきています。

 今まで福祉として措置されてきた特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター、ホームヘルプサービス、デイサービスなどの現場は、介護保険という新しい制度のもとで、その様相を変えてきています。

 その中で、一番急激に変化をしているのは、私たちホームヘルプサービスの分野です。

訪問介護という名称で、ケアプランにそった、他のサービスとの共同作業が求められるようになりましたが、その一方で、驚くような労働条件の悪化や、専門職としての位置づけに逆行するような事態が生じてきました。ケアプランにもとづいて不十分なまま作成された介護計画と、実際の現場での業務とのあいだに生じてきているギャップ。朝7時から夜の7時まで、1時間とか30分とかの「細切れ介護」による利用者宅への訪問。しかも毎日クタクタに疲れて帰っても、実際に得る収入は実働時間のみという現実など、この仕事では生活していけないという深刻な悩みも生まれてきています。たとえヘルパーの仕事に生きがいや意義を十分に持っていても、そのため仕事を辞めていくヘルパーも少なくありません。

 このほかにも、訪問介護の現場はさまざまな問題を抱えています。

 こういう現状を、まのあたりにして、私たちは、ケアの現場を良くしていくためには、ホームヘルパーが手をつないでいかなければならないと考えました。ホームヘルパー同士で交流し、一致できることから声をあげ、そして、ひとりで悩んでいるヘルパーをなくしていくことが大切であると痛感したのです。

 今回、その思いを持った有志が呼びかけ人となり、「ホームヘルパー全国連絡会」の設立をすることになりました。労働組合やさまざまな団体などの枠にとらわれない、純粋にホームヘルパーとしての職業を基本とした交流組織として、これから活動していこうと考えます。
                        2001年2月18日
                            呼びかけ人一同